エムイーシーグループ会社案内
7/16

地養卵のポテンシャル食欲をそそる鮮やかな黄身の色、生のままでもお米の美味しさをひきたてる風味次ページでレシピを一部ご紹介 地養卵は、昔ながらの味や新鮮さ、安全さを追求した飼料に地養素を加えて育てられた鶏が産んだ卵です。 “地養素”とは、ナラの樹液(木酢)、弗石(ふっせき)、ヨモギ、海藻などを成分とした飼料です。 一般に、日本で“特殊卵”と呼ばれる卵は、それに含まれる成分(ヨード、DHA、カロチン等)を強調しているものが多い中、地養卵は「地養素」と呼ばれる飼料を与えることによって鶏の体内の整腸作用を整えた健康な鶏から産まれる卵です。いわば食餌から体質改善した親鶏が産む卵といえるかもしれません。 この地養卵のセールスポイントは、卵独特の臭みが少ないことです。消臭効果のある木酢液により、独特な臭いを軽減しています。 一方、卵黄の色は、カロチノイド色素によるものです。飼料の主成分であるトウモロコシにパプリカを加えることで、地養卵独特の鮮やかな黄身の色が生まれ、お料理をよりいっそう美味しそうに演出してくれます。それは生食はもちろん、調理をしても損なわれません。 とくにその効果を実感していただけるのは“卵かけご飯”でしょう。地養素に含まれるヨモギや海藻の旨味成分が甘味とコクを増してくれるため、お米の美味しさをより一層ひきたてる卵の味を体験できます。食品の味を測定、数値化する装置「味覚センサー」(味覚認識装置TS5000Z)による検査で「コク」「甘味」「旨味」「旨味の余韻」が強く、「コクの余韻」が少なく、濃厚な味わいの後にすっきりと旨味が残るたまごだと評価されました。(株式会社味香り戦略研究所調べ/2017年6月)■旨味とコクがあってすっきりと旨味が残る地養卵■ 一般的な白卵平均値■ 地養卵平均値エムイーシーフーズでは、お客様へ高品質かつ安全な地養卵をお届けするために、社内の検査室にて徹底的に検査を行っております。地養卵の検査体制https://cookpad.com/kitchen/3415598クックパッド 「たまごソムリエ友加里 のキッチン」https://ameblo.jp/tamagoland/オフィシャルブログ たまごソムリエ友加里 のたまごランドimagecharacterたまごソムリエ友加里ゆ か りコクコクの余韻旨味の余韻旨味甘味4.03.02.01.00.0-1.0-2.0-3.0-4.0

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る